cococolor cococolor

11

Dec.

2017

ココカラーとはココカラーとは

“cococolor”(ココカラー)は、私たちのこれからの社会のキーワードとして、ますます重要視されていく、“ダイバーシティ”(多様性)をテーマに、電通ダイバーシティ・ラボ(DDL)が運営するウェブマガジンです。 ダイバーシティは、様々な場面や切り口で語られています。たとえば「障害」「女性」「LGBT」「外国人」「高齢者」「こども」さらには「企業経営」「インバウンド」「ワークスタイル」「多文化共生」「ユニバーサルデザイン」 ・・・そしてもちろん、「Tokyo2020のテーマ」でも。 それぞれは別の話のようでありながら、実は互いに絡み合っていて、ダイバーシティという一つの概念で理解するには、あまりにも複雑かもしれません。しかし、ひとつひとつが、これからの日本にとって、大切な課題であることは確かです。なぜなら、すでにあなたとわたしが違うように、今後も生きる人たちが多様化し、それにあわせて社会のかたちも多様化していくから。 “cococolor”では、そんなダイバーシティについて、エンタテインメント視点でヒト、モノ、コトをご紹介しながら私たちみんなで共有し、考え、議論していく場をつくりたいと思っています。来たるダイバーシティ社会に向けて、さまざまなアイディアが生まれるきっかけになることを目指していきます。 すべては、あらゆる人々の「違い」を、豊かな「個性」として尊重し、「価値」に変えていく社会デザインのために。 多様な個性という“個々の色”で描く、みんなの美しい未来に向けてあなたも“ここから”始めてみませんか? diversity is beautiful “cococolor”(ココカラー)は、私たちのこれからの社会のキーワードとして、ますます重要視されていく、“ダイバーシティ”(多様性)をテーマに、電通ダイバーシティ・ラボ(DDL)が運営するウェブマガジンです。 ダイバーシティは、様々な場面や切り口で語られています。たとえば「障害」「女性」「LGBT」「外国人」「高齢者」「こども」さらには「企業経営」「インバウンド」「ワークスタイル」「多文化共生」「ユニバーサルデザイン」 ・・・そしてもちろん、「Tokyo2020のテーマ」でも。 それぞれは別の話のようでありながら、実は互いに絡み合っていて、ダイバーシティという一つの概念で理解するには、あまりにも複雑かもしれません。しかし、ひとつひとつが、これからの日本にとって、大切な課題であることは確かです。なぜなら、すでにあなたとわたしが違うように、今後も生きる人たちが多様化し、それにあわせて社会のかたちも多様化していくから。 “cococolor”では、そんなダイバーシティについて、エンタテインメント視点でヒト、モノ、コトをご紹介しながら私たちみんなで共有し、考え、議論していく場をつくりたいと思っています。来たるダイバーシティ社会に向けて、さまざまなアイディアが生まれるきっかけになることを目指していきます。 すべては、あらゆる人々の「違い」を、豊かな「個性」として尊重し、「価値」に変えていく社会デザインのために。 多様な個性という“個々の色”で描く、みんなの美しい未来に向けてあなたも“ここから”始めてみませんか? diversity is beautiful