cococolor cococolor

17

Oct.

2017

column
12 Apr. 2016

むらさきが好きになったむすめの話 / Let’s talk about colors.

Annadraw

先日、3歳の娘に買い与えたクレヨンのケースを眺めていて、その並びから「はだいろ」が消え、「ペールオレンジ」と名付けられているのを目にした。5歳まで海外で育った私は、日本の幼稚園に入って「肌色で塗りましょう」と先生が言うたびに少なからず違和感を覚えていた。だから、「ペールオレンジ」を見つけたとき25年のときを超えて私の胸の内はすっとした。

色がもつ意味合いは非常に大きい。

ある日、娘が洋服の引き出しを開け、「ピンクのシャツがいい」と言う。またある日は、おもちゃ屋で青いボールを買おうとした私を見て、「わたし、ピンクがいいの」と訴える。「どうして?」と聞くと、こうだ。「わたし、おんなのこだからピンクなの。青は男の子でしょ。」続けて、「ピンクのことどう思う?」と聞けば、「かわいい、やさしい」。青のことは「かっこいい」。色に対する印象は自由でいい、実際、色による表現で世の中に溢れている様々な製品の効能や機能性を表現することは多い。しかし、それとは違う次元で、色によって特定の概念が紐付くような印象を娘が持っていることは、なんだか面白くない。

これは、私にとっては大問題だった。
誰が娘にそんなことを教えたのだろうと思った。

丁寧に娘と話していくと、どうやら家族から感じたものではなく、保育園でそう感じる経験が何度もあったようだ。しかし、娘の保育園では男女の識別のために青とピンクを使うことは見ている限りなさそうだ。「ピンクのおようふくかわいいね、御姫様みたいだね」という先生に褒めてもらった言葉や、お友達とおもちゃを分け合うときの「女の子だからピンクね」という何気ない一言が積み重なっているようだ。

さて、私は、ピンクを好きであることは良いことだとした上で、3歳の娘に2つの大切なことを伝えることにした。

1.男の子か、女の子かという理由で選ぶ色に決まりはないということ
2.好きな色をもっときれいに見せてくれる色が存在するということ

ひとつめについては、娘はかなりの抵抗をみせた。「でも、○○ちゃんも女の子だからピンクのおくつだよ」、「○○くんは、青いおもちゃは男の子のだって言っていた」私は、組織ぐるみの犯行に遭遇した気持ちになった。家族の引き出しを開けさせ、「パパの引き出しにも赤やピンクはあるでしょ、ママの引き出しは黒と青ばっかりでしょ。でも、あなたのパパは男の子だし、ママは女の子よ」と説明した。娘は私の小物もたくさん引っ張り出して「ママは全然ピンク持ってないね、パパのおくつ赤いね。おじいちゃんも赤いおズボンはいていたね」と、こどもながらに言葉にしながら色を選ぶ自由について納得をしていった。

ふたつめについては、娘がピンクを好きなことを肯定した上で、ピンクは何色と一緒にいるともっと魅力的に見えるのかという話をした。青とピンクの縞々の洋服や、ピンクと赤だけで構成されたタオル、或いはピンクの水玉模様が入ったかばんを手に持って娘にいろいろな色の話をした。娘は、「くろにピンクがちょっとあると、ピンクはきらきらするね。赤とピンクはお友達かな?」と目をきらきらさせる。

さらに後日、絵の具と画用紙を渡し、好きに色を混ぜて絵を描いてごらんと伝えた。娘は、まず、バケツにはいった水のなかに筆から色が溶け出ていくことに感動し、次にパレットにチューブからぶにゅっと出る絵の具に興奮し、色が混ざると変化することに強い関心を持ったようだった。そして、ピンクと青が混ざるとむらさきになることを知り、それ以来、「むらさきが好き」だという。それは、彼女が女の子だからではなく、彼女の経験のなかで彼女を感動させた色だったからだと思う。以前から、私が買いそろえていた娘のむらさきの服は引出しの隅に追いやられていたけれど、最近は自分から取り出して着てくれるようになった。かくして、<ピンク事件>はハッピーエンドを迎えたのである。全身ピンクの洋服で登園する日もあるが、それはそれでいいかなと見守っている。

Some months ago, I looked at my daughter’s crayon case and noticed that she hadn’t “skin color” crayons but “pale orange” one. When I came to Japan and entered the Japanese kindergarten about 25 years ago, I had a skin colored crayon. The color of this crayon was between yellow and pink, that means the skin color of a Japanese face. Every time my teacher picked it up and told us to color someone’s face with it when painting, I felt strange. Because my friends’ faces are not only skin color but also other colors.

Colors have a lot of roles.

One day, my daughter was looking for her clothes, only pink!! And the other day, she said, “I don’t want a blue ball. I want a pink one!” at the toy store. I asked her why she wanted pink, pink and pink…! She gave me an immediate answer, “Mommy, I know that pink is girls’ and blue is boys’.” She feels that pink is cute, soft and feminine and blue is cool and boyish.

I think that everyone is free to feel what they want about colors. Indeed, colors have a lot of roles and meanings. For example, white is used in the medical field, black sometimes means losing the game, yellow means happy in China and so on…etc…

However, is pink girls’?
I’d like to ask everyone.
This issue is so big for my daughter and me. I do not want her to have a fixed concept about everything. Nothing may rob her of imagination.

Who told her about it?

Answer is nobody. Her experiences in nursery school put the concept into her mind. For example, when she wore pink, her friends said to her, “Cute! You’re like a princess!”

Now, I decided to tell her two important points about color.

1.There is no rule which color you should choose even if you are a girl.
2.One color has its supporting color.

The first point is that everyone can choose the color he/she likes.

But my daughter didn’t understand it at first. So I took her to the clothing space and made her check a lot of clothes. I said to her, “Look at these red and pink clothes, they are your daddy’s. Or, this black shirt and blue skirt are mine. Your daddy is a boy and I am a girl, OK?”

She looked them and said, “Oh…I see. Mommy, you don’t have pink goods at all. And daddy’s shoes are red! I remember that my grandfather had worn red trousers.” She gradually understood how we can choose colors without a gender stereotype.

The second point is which color can make pink more attractive.

I explained to her about complementary and approximate color while showing her some goods. For example, a shirt with pink and blue stripes, a pink and red towel and a bag with pink dots on black. Then she said with her eyes shining, “In case of pink beside black, pink is more attractive than it is alone. Perhaps, pink and red look like friends! Don’t they?”

A few days later, I recommended drawing with watercolors to her. At first, she was so impressed by situation that the watercolor dissolved in water. Second, she got excited when squeezing watercolors on the pallet. And finally, she noticed the fact that colors can be a new color by mixing another color. She picked up and mixed pink and blue on her pallet, then purple appeared. After that, she liked purple that is a symbolic and diverse color for her. Fortunately, her purple clothes have increased their frequency!! She sometimes wears pink head-to-toe, I don’t mind!

取材・文: Elina
Reporting and Statement: elina
関連ワード
関連記事