cococolor cococolor

21

Sep.

2021

case
10 Aug. 2021

パナソニックと考える「自分にとっての普通」

秋田ゆかり
メディアプランナー
秋田ゆかり

「普通」。

この言葉を私たちは日常的に使っています。

もしかしたら、「普通は○○だよね。」「○○するのが普通じゃない?」といった表現を聞いたり使ったりしたこともあるかもしれません。

こういった「普通」という考え方が、あらゆる人やものを「普通」と「異常」の2つのカテゴリーに分けてしまうこともあります。

この考え方を転換させるプロジェクトが、パナソニックから2021年2月にリリースされました。

その名も「YOUR NORMALプロジェクト」。

「YOUR NORMALプロジェクト」の発起人である、パナソニックの白鳥さん・東江さんにお話を伺いました。

 

(上段左からパナソニック白鳥さん・東江さん)

 

普通の反対は異常じゃない。また別の普通だ。

 

「YOUR NORMALプロジェクト」は、自分にとっての普通や幸せを見つめなおし、尊重しあうことを目的としています。

「YOUR NORMALプロジェクト」を通じて、個々のライフスタイルやニーズを深堀し、より豊かな未来の暮らしを創ることをめざしており、生活者自身の“自分らしさ”を考え直すコンセプトムービーと自分の個性を見つけ育むプロダクトが展開されています。

「YOUR NORMALプロジェクト」で特に強調されていたのが、「普通」というキーワードです。

「普通」というキーワードに込めた想いについて、白鳥さん・東江さんはこう語ります。

「一人一人がそれぞれの普通を持っているはずなのに、普通という言葉で無意識に自分を縛っている気がしました。だからこそ、枠にとらわれずに、自分のことをありのままに普通に話すことができる世界を作りたいと思い、普通というキーワードを選定しました。」

筆者もコンセプトムービーに登場する、あるコピーに心を打たれました。

それは「普通の反対は異常じゃない。また別の普通だ。」というコピーです。

まだまだ普通の対義は異常という考え方が根強い中で、このコピーは私たちに新たな視点を与えてくれます。

まさに、「YOUR NORMALプロジェクト」がめざす社会を意思表明しているコピーだと感じました。

 

https://youtu.be/nz8_WMKDbRU(コンセプトムービー)

 

人生のライフスタイルに寄り添うコンテンツ

 

今後さまざまな広がりも見据える「YOUR NORMALプロジェクト」ですが、最初の取り組みとして「性」にフォーカスしています。

未来や幸せの再定義を考えていった際に、「性」を通して自分にとっての普通や個性を考えてほしいとの狙いがあるようです。

そのきっかけとして「YOUR NORMALプロジェクト」では、幼児期・思春期・成人期の3つのライフサイクルごとに分け、性にまつわるコンテンツの提供を行っています。

 

(幼児期:仕掛け絵本「YOUR NORMAL ゆあ のーまる きみを かんがえる ほん」)

(思春期:ムービー&特別インタビュー)

(成人期:イマーシブヘッドフォン)

 

性に関する課題を洗い出し、そこから情報を発信したり、サービスやプロダクトを開発したりすることが多い中で、「YOUR NORMALプロジェクト」ではライフステージを軸に展開をしています。

その秘密を白鳥さん・東江さんが打ち明けてくれました。

「最初は性に関連する課題を抽出し、その課題に伴ったヒアリングを行っていました。しかし、どんどん議論を深めていくと、性にまつわる課題の根本的な原因は、知らないことにあるのではないかと考えるようになりました。子供の時に性について知っていたら?思春期の時に自分にとっての普通を見いだし、生き生きと生活している人の存在を知っていたら?こう考えていくと、年代ごとに異なる悩みがあることに気付きました。そこで、人生の一つの流れに沿ってコンテンツを提供することに決めました。」

特に、幼児期の仕掛け絵本「YOUR NORMAL ゆあ のーまる きみを かんがえる ほん」では、従来のパナソニックの家電製品とは異なる絵本の制作を行っています。

 

https://youtu.be/2uF5W2L1UT8(イベントムービー)

 

「なぜパナソニックが絵本を作るのか?」といった意見も制作過程時にはあったようですが、性について考えてくれる方が増えるきっかけをつくるという視点を踏まえながら、一つ一つ整理して制作を進めたようです。

また、この絵本は保護者の方と一緒になって学ぶことを重視しています。

身の周りの信頼できる大人と、悩みを話せる関係を作ってほしいとの願いも込められており、大人へのメッセージも発信しています。

実際に手を動かしながら、楽しく性や個性について学べる内容になっているので、ぜひ絵本を読んでみてください。

 

https://panasonic.co.jp/design/flf/works/
yournormal/YourNormal_A_book_about_yourself.pdf

(YOUR NORMAL ゆあ のーまる きみを かんがえる ほん)

 

「YOUR NORMALプロジェクト」の2つのテーマ

 

最後に「YOUR NORMALプロジェクト」のテーマに迫ります。

「YOUR NORMALプロジェクト」のテーマには、2つのテーマがあることが取材から分かってきました。

まず1つめのテーマとしては、「パナソニックという発信力の大きい企業が、世の中に意見を表明しコンテンツを具現化していくことで、自分を誇れるような社会を浸透させること」だそうです。

ある高校教師の方から「コンセプトムービーを使用して保健体育の授業を行ったところ、さまざまな悩みを抱える生徒と一緒になって、自分自身を見つめ直すことができました。」といった、このテーマを代表するような反響もいただいていたそうです。

やはり規模が大きい企業が発信する内容は、生活者に届きやすく影響も与えやすいことが分かります。

2つめのテーマには、「世間の反応を逆輸入する形で、自社を変えたい」という想いがありました。

もともとLGBTQ+のサポートやレインボーハウスの協賛など、ダイバーシティ&インクルージョンを推進する土壌はあったものの、「YOUR NORMALプロジェクト」をきっかけに、更にこの動きを加速させたいという想いも込められているようです。

実際に「YOUR NORMAL プロジェクト」を手掛けるデザイン部門だけでなく、ブランド部門やダイバーシティ部門などと連携した、社内の横断プロジェクトが進みだしているとのことでした。

今後の取り組みについては、現在開発中で「企業秘密」とのことでしたが、この「YOUR NORMALプロジェクト」がこれから何を仕掛けてくるのか、今からとても楽しみになった取材となりました。

取材・文: 秋田ゆかり
Reporting and Statement: yukariakita

関連ワード

関連記事

この人の記事