cococolor cococolor

18

Oct.

2017

news
12 Oct. 2016

大切なことほど、わかりやすく。 小さな文字ほど、読みやすく。 「みんなの文字」明朝体。

%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e6%a1%88

ユニバーサルデザインフォント「みんなの文字」の明朝体が好評発売中!

 

“みんなが読みやすく見やすい”書体ということで開発された
UDフォント「みんなの文字」に今年ニューファミリーとして明朝体が新しく加わりました。

横棒が少々太い設計で擦れに強く、長文のブロックになったときでもくっきりと見えてくる。
明朝体の持っている優しさもあるので、用途にあわせていろいろ使える書体です。
ぜひ使ってみてください。

%e7%94%bb%e5%83%8f1

そもそも2011年に発売された「みんなの文字」の前にもUDフォントという書体はいくつか世の中にありました。
その中で「みんなの文字」はどうして作られることになったのか?

 

金融機関の説明書や行政の申請書など、「わ〜文字がいっぱいで読みにくい」思ったことありますよね!
特に数字などの見間違いは後々大きな問題になってきます。

新たに開発する「みんなの文字」の特徴として長文でも使いやすい書体にするということがありました。
また商品パッケージの限られたスペースに小さなポイント数で使っても見やすい書体にするということでした。

%e7%94%bb%e5%83%8f2

「みんなの文字」ゴシック体活用事例(宇都宮市のお知らせ)

 

デザイナーや制作サイドから「みんなの文字」のファミリーが少ないという意見がありますが長文や最小使用を開発点にあげると、
細い文字や太い文字はどうしても擦れ・つぶれの可能性が高くなるので残念ながらファミリーには入れられません。

 

そんな開発エピソードを下記リンク先の座談会で詳しく話していますのでぜひご覧ください。

「みんなの文字」明朝体 開発座談会

ユニバーサルデザインのかなりマニアックな話が楽しめます!

%e3%81%bf%e3%82%93%e6%96%87%e5%ad%97%e3%83%ad%e3%82%b4

関連リンク:

UCDAフォント「みんなの文字」

一般社団法人 ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会

電通ダイバーシティ・ラボ(DDL)

取材・文: DDL事務局
Reporting and Statement: the-ddl-office
関連ワード
関連記事