cococolor cococolor

4

Jul.

2020

news
25 Jun. 2020

「見やすいコロナ対策ピクト」作りました。 ご自由にお使いください。

街に出ると商店の入り口には新型コロナウイルスの感染予防のためのポスターやインフォメーションが貼られています。
この先もまだまだ付き合わなければいけないコロナに対して今デザイナーとして何かできないかと思い、ピクトグラムのデザインをしました。

お店の入り口に、学校の手洗い場に、オフィスに、このピクトでポスターやシールを作って感染予防に役立ててもらえたら嬉しいと思います。

 

12種類のピクトを作りました。

一人ひとりへの注意喚起としても使えますし、店舗やその空間に入るためのルールの表示にも使えます。
お客様などに協力していただくことも、入店前にお知らせしておけばトラブルもなくスムーズではないかと思います。
また学校などでも文字だけでの注意書きではなく絵の入ったピクトグラムを使えば、コロナとの共存を少しでも楽しい雰囲気を作れるのではないかと思います。

 

ユニバーサルデザインとしての工夫。

電通ダイバーシティ・ラボ「見やすさプロジェクト」ではユニバーサルデザインの研究、実施、啓発活動を行なっています。

多様な人にとっての見やすさを考慮し、そのような方が見にくくないように注意をしています。 

図形の意味がわかりやすいかどうか。その図形は劣化に強いかどうか。この場合の劣化とは視力の弱い人を想定し、図形をぼかしてシミュレーションを行うことなどです。

また、日本人の成人男性のうち20人に1人は、色覚が変わって見えることが知られています。特に赤系色と緑系色が同じような色に感じられてしまうことが多いので青系統の色を設定しました。

 

ピクトグラムのデータについて。

様々な使い方を考慮してデータはカラーとモノクロを作りましたので、下記よりダウンロードして、用途に合ったものをお使いください。

 

 

制作:田代浩史、植田憲二(電通ダイバーシティ・ラボ「見やすさプロジェクト」)

お問い合わせ https://dentsu-diversity.jp/contact/

取材・文: cococolor編集部
Reporting and Statement: cococolor

関連ワード

関連記事

この人の記事